伊勢市の話題や最新情報

よくある質問回答 住民税について 昨年までは旦那の給与か

よくある質問回答 住民税について 昨年までは旦那の給与か。前年の収入から自治体が住民税額を計算して、今年の6月からの納付です。住民税について 昨年までは旦那の給与から天引きになっていなかったので昨年6月には1年分まとめて住民税を支払い、そのとき給与から天引きにするように会社にたのんでもらいました ですが、昨年6月以降からの給与明細の控除項目に住民税の記載はなく、おかしいなと思ってて、今年も1年分まとめて払わなければならないなと思っていたところでした そしたら旦那が今月、多分6月分 から控除項目に住民税が載ってきたといってきて、住民税の納付書も市から届いてません これは請求と支払いが1年ズレてるということなのでしょうか 前年度のお給料で額が決まることはわかっているんですが、1期目の納付期限過ぎてるのに納付書来なくてだんだん大丈夫なのか心配になってきました 給与から住民税市民税?都民税が特別徴収天引きされて。次のような場合は。給与から住民税が特別徴収天引きされていても納税通知
書によりお支払いただくことになります不動産所得や配当所得。公的年金等
の雑所得など給与以外の所得があり。申告所得税確定申告や市民税?都民税
申告などするときに。給与以外の所得についての住民税の納付給与や公的
年金の支払者より。金額の訂正報告があり。住民税が増額になった場合私の
昨年の収入は。一昨年の収入と比べてほとんど変わりがないのに住民税が増え
ました。

よくあるお問い合わせ。A1 所得税は国税で。市県民税は地方税いわゆる住民税で。どちらも個人の所得
に対して課税されるものですが。それぞれ異なる用途?財源にあてられる市
県民税は。在職中に毎月の給与から天引きされていたのですが。どうしてですか
。したがって。今年月に届いた納税通知書は。あなたが勤めていた昨年中の
給与所得により計算した今年度の市県民税です。また。配偶者控除及び扶養
控除については所得金額万円令和年度までは万円以下が要件となっ
ています。よくある質問回答。所得税と市?県民税は別の税であるため。申告も別々に定められていますが。
所得税の確定申告については。市?県民答前年収入がなかった場合でも
。他の納税者の扶養となっていない方は。原則として市?県民税の申告をお願い
します問わたしは年の途中に退職しましたが。それまでは毎月の給料
から住民税が天引きされていました。答給与所得者で住民税が天引き
特別徴収されている人は。月から翌年の月までの回で年分を納めること
になっています

年の途中で退職した場合の市民税?県民税について。給与から天引きされる市民税?県民税は,その年の年分を月から翌年月までの
回に分割して徴収されます。自分で納付するための納税通知書納付書は,
会社から退職の連絡を受けてから,市民税課より本人に郵送します。退職
後,他の会社に就職し,そこで残りの市民税?県民税を給与から天引きすることに
なった場合; 残りの市民税?県民税を,退職金などから一括して今まで会社の給料から住民税が差引きされていましたが。退職しました。その年に。昨年度分と今年度分の住民税の納税通知書が送られ
てきましたが。昨年度分は支払済ではないのですか。通常は。月から月まで
の間に退職される方については。最後の給与で月までの住民税を一括徴収してい
ます。ただし。最後の今年度板橋区から届いた納税通知書を見ると。昨年度の
市より税額が高くなっているように思います。板橋区は住民税

市民税課に寄せられるよくあるご質問。ただし。非課税の基準については。厚生労働大臣が定める地域の級地区分により
。異なる場合があります。質問 私は昨年月末に会社を退職してその後。
納税通知書により税金を納付しましたが今年月になるとまた。納税通知書が送
回答 特別徴収給与から天引きは。一年間の市県民税を月から翌年月まで
の回で給与から天引きします。時点で源泉徴収をおこなっているなどの理由
で。給与所得以外の所得が万円以下の場合は。通常申告が不要となっています
。パートの所得税と住民税を詳しく解説。正社員として働いていたときは。あらかじめ天引きされていた「所得税」「住民
税」。パートで得た収入に税金はどうかかってくるのか。その仕組みについて
解説します。給与所得の金額は。年収から給与所得控除額を差し引いた残額の
こと。これまで。配偶者控除を受けられる条件を満たしていれば。世帯主の
所得控除額は万円となっていましたが。年の改正後には所得

前年の収入から自治体が住民税額を計算して、今年の6月からの納付です。所得税の様に当年の毎月の給料から控除できないのは、住民税は法律的には全国一律の法律によるのでは無いからです。所得税は国税なので法律は全国民が同じですが。住民税は全国的にほぼ同じ算出方法ですが、微妙に異なります。地方自治体は文字通り地方の自治をしてるのです。なので、住民税計算は自治体が年収情報を税務署から渡されてからになるので、翌年6月からの納税にするしかないのです。自治体が就職先を知ってる場合は給料天引きですが、そうでない場合は個人での納税です。転職すれば、自治体は勤務先を知りようが無く個人納税になります。でも、年末調整の結果を勤務先は自治体へ報告義務があるので、それで自治体は勤務先が分かります。今年の6月から給料天引きになって居れば、住民税通知は勤務先へ届いたのですから自宅へは届きません。住民税は 前年の収入に対し 6月から 翌年5月までの 納税期間となります。ご主人が 2018年の年末に 年末調整を受けている場合 2019年6月からの住民税は お給料からの天引き特別徴収に自動的に変更になります。住民税は2017年の収入に対し 2018年の6月~2019年の5月までが納税期間2018年の収入に対し 2019年6月~2020年5月までが納税期間となります。

Related Articles

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です